生活保護費、内妻に5年半不正受給させる 岡山、容疑の男逮捕(産経新聞)

 内妻に約5年半にわたり生活保護費を不正に受給させたとして、岡山県警玉野署は25日、詐欺容疑で、岡山市南区灘崎町彦崎、無職、渡邊正直容疑者(56)を逮捕した。

 逮捕容疑は平成16年9月ごろ、実際にはアルバイト収入があった内妻の大本陽子容疑者(39)=生活保護法違反で逮捕=に内容虚偽の生活保護費申請を同県の玉野市社会福祉事務所に提出させ、同月から今月までの間に、計約753万円をだまし取ったとしている。

【関連記事】
生活保護費を出し惜しみ? 資産調査で行政に不備も
生活保護費不正受給の暴力団組員を逮捕 兵庫県警 5年間で2千万円
車保有の障害者に生活保護認めないのは不当 女性が提訴
大阪市 生活保護費増大 平松市長「栓、適正に閉める」
収入隠し、生活保護費受け取り…大阪の夫婦逮捕

児童ポルノ摘発最多、被害者の16%小学生以下(読売新聞)
住基ネット活用も検討を=共通番号制度で−総務相(時事通信)
国公立大2次試験、不況反映?看護・医療系人気(読売新聞)
吉村氏が民主会派入り=参院(時事通信)
<未成年後見人>施設入所児らへ選任、134人 過去20年(毎日新聞)
[PR]
by 3kwzf3rppy | 2010-02-26 07:22


<< 「カラ期間」、広報さらに徹底=... 松島の世界遺産登録を断念、宮城... >>