「カラ期間」、広報さらに徹底=年金回復者と面会−長妻厚労相(時事通信)

 長妻昭厚生労働相は24日、無年金と思っていたものの、旧社会保険庁の通知で年金の受給資格があると分かり、月額3万8000円の年金が回復した女性(67)と同省内で面会した。女性は夫が厚生年金に加入していた17年間、国民年金に未加入で、この間を「カラ期間」として加入期間に算入できることを知らなかった。長妻氏は「カラ期間をさらに徹底的に広報したい」と述べた。
 夫が厚生年金などに加入していた専業主婦は、1986年3月末までは国民年金への加入が任意で、未加入でも受給資格に必要な25年の加入期間に含めることができる。面会で女性は「(年金回復で)クリスマスプレゼントとお年玉が一緒にきたようだった」と喜んだ。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相

JR東海道線 また「あすか」 草津駅で線路に人(毎日新聞)
<飲酒運転理由>元教諭の懲戒免取り消し確定 最高裁(毎日新聞)
<環境省審議会>戦略アセスメント答申 計画検討で義務化(毎日新聞)
長崎知事選、自公系の中村氏初当選 「政治とカネ」響く(産経新聞)
高校無償化 首相、朝鮮学校の「除外」示唆(産経新聞)
[PR]
by 3kwzf3rppy | 2010-02-27 17:47


<< <気象庁長期予報>春の訪れ早い... 生活保護費、内妻に5年半不正受... >>