10年度予算、24日成立=政治主導法案審議入りへ(時事通信)

 週明けの国会は、2010年度予算案が24日の参院本会議で成立する見通しだ。予算成立を受け、民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた政策の実現に全力を挙げる方針で、子ども手当支給法案と高校授業料無償化法案も早ければ26日に成立する見込み。国家戦略室の「局」昇格などを柱とする政治主導確立法案は25日にも衆院本会議で審議入りさせ、今国会での成立を目指す。
 参院予算委員会は23日、鳩山由紀夫首相が出席して、「外交・防衛」をテーマに集中審議を実施する。与党は24日午前に締めくくり質疑を行い、引き続き予算案を採決。ガソリン税暫定税率の水準維持や、たばこ税率引き上げなどを盛り込んだ税制改正法案など予算関連法案とあわせて、同日午後の参院本会議で可決、成立させる日程を描いている。
 自民党は18日の参院予算委理事懇談会で採決について回答を留保したが、世論の批判を考慮して審議引き延ばしはせず、24日採決に応じる方向だ。
 一方、与党は政治主導確立法案を25日にも衆院本会議で首相出席の下、趣旨説明と質疑を行い、審議入りさせる方針。官僚による国会答弁を制限する国会改革関連法案も、衆院議会制度協議会の早期開催を呼び掛け、民主党案を提示して野党の理解を得た上で審議入りしたい考えだ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<亀井担当相>郵政改革案「首相が了承したから発表した」(毎日新聞)
生方副幹事長に辞任迫る=執行部批判を問題視−民主(時事通信)
幹部公務員83人が退職勧奨に応じる 鳩山政権発足後今月12日までに(産経新聞)
民主、役員会で生方氏留任を確認へ 小沢氏は4時半から会見(産経新聞)
低気圧、日本海を北東へ=海や山は大荒れ−気象庁(時事通信)
[PR]
by 3kwzf3rppy | 2010-03-27 21:46


<< <茨城空港>アシアナ航空機がオ... 道路凍結、標識に衝突し北大生ら... >>