丼にしたら100人分? 兵庫・香美に巨大アナゴ水揚げ(産経新聞)

 全長1.5メートルの巨大アナゴが、兵庫県香美町の香住漁港で26日朝、水揚げされた。今年1月には硬骨類では世界最長とされる深海魚「リュウグウノツカイ」も獲れ、地元の漁業関係者は「これも異常気象のあらわれかも」と驚いている。

 巨大アナゴは同町沖の日本海で、漁船の底引き網漁で捕獲。重さは9.3キロ、胴回り42センチで、黒アナゴとみられ、通常のアナゴのほぼ5倍の大きさ。

 競り落とした地元の直売店「かに市場」の山田直弘店長(46)によると、「これまで1メートル近いアナゴは見たことがあるが、こんなに大きなアナゴは初めて。丼にしたら100人前にはなる」と話していた。

 同店ではゴールデンウイーク明けまで店内で展示する予定で、その後は大学などで研究に役立ててもらうという。

【関連記事】
ウナギのご先祖様は深海魚 遺伝子解析で判明
巨大タケノコに仰天「こんなの初めて」 神奈川県大和市
1.1メートル16キロの大型イカ生け捕り 愛媛
“幻の魚”リュウグウノツカイに驚き 萩博物館で公開
深海魚「竜宮の使い」 謎の大漁

民主、落語家・桂きん枝氏を参院比例選擁立(読売新聞)
【ゆうゆうLife】高額医療をどうする?(上)限度額以上は還付「高額療養費」(産経新聞)
化石 アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で(毎日新聞)
<旧証取法違反容疑>あおぞら銀元行員を逮捕 東京地検(毎日新聞)
放鳥トキ、最後の卵捨てる=別のペアに繁殖の期待も−環境省(時事通信)
[PR]
by 3kwzf3rppy | 2010-05-01 02:27


<< 首相動静(5月13日)(時事通信) <舛添新党>23日の旗揚げ 改... >>