<舛添新党>23日の旗揚げ 改革クラブの党名を変更(毎日新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相と改革クラブの渡辺秀央代表らは23日、両党の参院議員6人で「新党改革」を旗揚げする。舛添氏が党首を務め、改革クラブの荒井広幸氏が幹事長に就任する方向。1月1日を基準日として算定される今年の政党交付金を継続して受け取れるよう改革クラブを存続させて舛添氏らが入党し、党名変更する形をとる。「新党」とは名ばかりの「一番やってはいけない『数合わせ』」(渡辺喜美みんなの党代表)だとして他党は早速、批判の声を上げた。

 舛添氏は22日、矢野哲朗元副外相とともに自民党に離党届を提出した。同党の参院選公認から漏れた小池正勝参院議員と3人で改革クラブ入りする。一方、所属議員5人の改革クラブでは中村喜四郎衆院議員と大江康弘参院議員が反発。中村氏は同日、離党届を提出した。大江氏も同調する意向で、渡辺、荒井両氏と山内俊夫参院議員が改革クラブに残り、「新党」発足時のメンバーは参院議員ばかり6人となる見通し。舛添氏を除く5人が夏に改選を迎えるため、参院選後の存続を危ぶむ見方もある。

 新党結成を目指す舛添氏と、夏の参院選後の生き残りへ向け舛添氏の知名度に期待する改革クラブの思惑が一致したといえるが、大江氏は「政党交付金を残したいとは動機が不純。こんなのは新党ではない」と記者団に不満をぶちまけた。

 衆参両院の比例代表選出議員は国会法で他党への移動を禁じられているが、舛添氏が07年参院選の比例代表で当選した当時は改革クラブが存在しなかったため、この規定は適用されない。自民党の谷垣禎一総裁は記者会見で「一方的に新党立ち上げを発言し、わが党の議員を勧誘した。断じて許せない」と舛添氏を指弾。舛添氏は記者団に「今(考えているの)は先のことだけだ」と語った。【野原大輔】

【関連ニュース】
舛添氏:離党届を提出 矢野氏も
舛添氏:23日新党結成 近く離党、改革クと連携
自民党:舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」
舛添前厚労相:新党に触れず 東国原知事と会談
舛添氏:次の一手は? 新党構想、援軍なく

【無名録】「高売り宣言」でNo.1(産経新聞)
<自民>小池参院議員が離党…野党転落後、国会議員11人目(毎日新聞)
「ママ、赤いシャボン玉だ! 」=ジュースで作成、夢かなう−山崎さん長女優希ちゃん(時事通信)
<東北新幹線>緊急ブレーキ作動で一時運転中止 7千人影響(毎日新聞)
ノエビア前副社長、認否を留保=ストーカー事件で初公判−神戸地裁(時事通信)
[PR]
# by 3kwzf3rppy | 2010-04-24 02:50

住宅エコポイントはCO2削減に見合う? 恩恵予想以上に大きく、継続的取り組み必要(産経新聞)

【社会部オンデマンド】

 「省エネ型住宅の建設やソーラーパネルなどの設置で、政府から住宅エコポイントがもらえると聞いています。高断熱の住宅の省エネ効果は理解できますが、ソーラーパネルなどはポイントとして支払われた金額に見合ったCO2削減効果があるのでしょうか」=長崎市平和町のアパート経営、深堀循哉さん(55)

 ■CO2削減と経済効果の“一石二鳥”が狙い

 住宅エコポイントとは、省エネ効果の高い住宅を建てたり、壁や窓を断熱効果のある素材に換えるなどのリフォームを行った場合、最大30万円相当のエコポイントが国から受け取れる制度だ。申請の受付は3月8日から始まっており、新築は平成21年12月8日以降、リフォームは22年1〜12月に着工した建物が対象。国は景気対策として、平成21年度第2次補正予算に1千億円を計上した。

 エコポイントは商品券や国内の地域産品、省エネに配慮した商品などと交換できるほか、新築の場合は工費に、リフォームの場合は水回りなど同時に実施するほかの工費に充てることもできる。環境省などによると、受付から3週間でエコポイントを申請した人は3690人、うち8割以上が商品券と交換。使い勝手のよい商品に、人気が集中しているようだ。

 一方、長引く不況で冷え込みが続く住宅関連メーカーでは、“特需”を見込んだキャンペーン合戦が始まっている。

 大手住宅メーカーの「アキュラホーム」(東京都新宿区)では、戸建て物件の購入者を対象に、エコポイントを含む90万円分の設備を無料で付けられるキャンペーンを2月12日から実施。50棟限定で販売したところ、1週間で完売した。

 同じく「大和ハウス工業」(大阪市)も負けていない。同社では、戸建て物件の購入者を対象に、エコポイントとは別に独自に60万円を現金で支払うキャンペーンを4月5日から開始。広報担当者は「省エネ住宅の快適さは、実際に住まないと分からない。この機会に、断熱効果の高い住宅の快適さを知ってもらえれば」と話している。

 それでは、実際にエコ住宅で暮らすことは、消費者にとってどんなメリットがあるのだろうか。

■住んで分かる省エネ住宅の快適生活

 省エネ住宅に詳しい慶応大理工学部システムデザイン工学科の伊香賀俊治教授は、「窓を換えるだけ、ソーラーパネルを付けるだけでは、そこまで大きな省エネ効果は期待できません。効果を得るためには、思い切った投資がある程度は必要です。一方、それなりの設備を備えれば、かなりの省エネにつながるのも事実です」と説明する。

 そもそも、断熱素材や二重ガラス、エコ給湯器といった省エネ住宅に欠かせない設備は、効果が目に見えない上に価格も高いため、住宅を建てる際に多くの人が予算から削ってしまいがちだ。しかし新築時に消費したCO2も、エコポイントの基準に沿った断熱設備の整った住宅を建てれば、数年で元が取れるという。「国が進めるCO2の削減目標を達成させるには、省エネ住宅の普及は欠かせないのです」と伊香賀教授。

 ただ、費用の回収となると話は別のようだ。伊香賀教授によれば、エコポイントの基準を満たす住宅を建てたとしても、その費用を浮いた光熱費で回収するまでにかかる期間は約25年。これが、エコ住宅の普及が進まない大きな原因だ。

 しかし、エコ住宅に住むことで受けられる恩恵は予想以上に大きい。伊香賀教授がエコ住宅に移り住んだ人にアンケート調査を行ったところ、風邪を1年に2回以上ひく人の割合は、建て替え前が30%以上だったのに対し、建て替え後は13%程度に減っていた。また、暖かい住宅の方がお風呂の温度を低く設定する傾向にあるといい、「高齢者の入浴中の突然死は水温の高さも一因とされる。暖かい住宅が事故を減らす可能性もある」と分析する。

 こうした医療費などの軽減はほとんど注目されてこなかったが、省エネ住宅によって受けられる恩恵として換算すると、投資費用を回収するまでの期間が20年以下に減るという。さらに今回のエコポイント制度を活用すれば、期間は15年程度まで縮まるというのだ。

 ただ、どんなに頑張って省エネの設備を導入しても、支払われる補助金は上限30万円。「制度の分かりやすさを重視した結果だが、本当にエコ住宅の普及を進めたいのなら、頑張った人にはそれなりのエコポイントがもらえるような仕組みを作るべき。制度も1年限りではなく、継続させないと意味はない」と伊香賀教授。国には、省エネ住宅を普及させる継続的な取り組みが求められている。(今泉有美子)

 「社会部オンデマンド」の窓口は、MSN相談箱(http://questionbox.jp.msn.com/)内に設けられた「産経新聞『社会部オンデマンド』」▽社会部Eメール news@sankei.co.jp▽社会部FAX 03・3275・8750。

【関連記事】
信号機の連動、交通安全に役立つ? イライラ減、秘訣は「規制速度」
東京の特別区と政令市の区の違いは? 「独立した会社」と「出先機関」
イラク殉職外交官の車は今どこに? 遺族の意向も聞き、三回忌の後に…
公的懸賞金の適用事件・金額の決定方法は?
市街化調整区域って何? 公共公益施設の拡散でインフラコストも増加

普天間移設 辺野古浅瀬案、提案へ 政府、米側に苦肉の策(産経新聞)
首相動静(4月18日)(時事通信)
新党?連携? 舛添氏、あす東国原氏と会談 橋下氏は連携否定(産経新聞)
<千日前線>電車床下から煙 乗客避難もけが人なし 大阪(毎日新聞)
<掘り出しニュース>知ってる?埼玉名物「借金なし」豆腐(毎日新聞)
[PR]
# by 3kwzf3rppy | 2010-04-21 11:55

みかんの搾りかす有効活用、バイオ燃料に(読売新聞)

 愛媛県は12日、みかんの搾りかすからバイオエタノール燃料を作るプラントの起工式を、みかんジュースなどを製造する「えひめ飲料」松山工場(松山市安城寺町)で行った。

 みかんを原料とする同燃料の製造は全国初の試みで、県内で年間約2万トンが排出されている、みかんの搾りかすを有効活用し、できた燃料はガソリンに混ぜるなどして車やボイラーの燃料として使われる。10月に完成するプラントで実証実験を行って技術を確立し、国内外の飲料メーカーなどへの技術の売り込みを目指す。

 県は、県内の特産品を使って同燃料を作ろうと、2007年に、愛媛大や飲料メーカーなどと共に調査委員会を設置。みかんと米が候補となったが、みかんの搾りかすを活用することに決め、県環境創造センターがえひめ飲料や愛媛大などと共同で技術開発を進めてきた。

 08年に環境省の「地球温暖化対策技術開発等事業」の採択を受け、プラントの建設費13億円と、技術開発費2億6600万円は全額環境省が負担。えひめ飲料松山工場の一角の680平方メートルにプラントが建設されることになった。

 プラントでは、同工場から出たみかんの搾りかすに含まれる糖分を発酵させてから蒸留して燃料を取り出す。できた燃料は、ガソリンと混ぜて自動車に使う濃度99・5%と、工場のボイラーなどに使う濃度90%の製品に仕上げる。最大で、1日200トンの搾りかすから同燃料5キロ・リットルを製造できるという。同工場では年間1万4000トンの搾りかすが出るため、年間350キロ・リットルの製造が期待できる。

 同工場では、搾りかすを乾燥させて飼料や堆肥として再利用しているが、飲料メーカー全体では2割程度が処分費用を支払って廃棄されており、燃料にすることで乾燥や廃棄処分にかかっていたコストを削減できる。

 燃料の製造コストは1リットルあたり200円余りと既存の燃料より高いが、環境省の製造費用の半額補助制度を活用することで事業として成り立つと試算。搾りかすだけでなく、間引きしたみかんの実も使うなどしてコストダウンを目指す。

 この日、プラント建設予定地で行われた起工式には、県やえひめ飲料の関係者ら約40人が出席。くわ入れを行った加戸知事は「愛媛が誇れる事業になると思う。温暖化防止につながると期待している」とあいさつした。

高齢夫婦、無理心中か=札幌(時事通信)
日本海で珍しいヒョウモンダコの撮影に成功(産経新聞)
次官の代わり「事務系副大臣」検討と仙谷氏(読売新聞)
家具厚生年金基金の元常務逮捕=600万円超受領、収賄容疑−警視庁(時事通信)
衝突「広がったら怖い」=邦人犠牲に困惑も−帰国の駐在員、旅行者ら・成田空港(時事通信)
[PR]
# by 3kwzf3rppy | 2010-04-17 08:40

<春の新聞週間>福山雅治さん、小泉今日子さんに聞く(毎日新聞)

 春の新聞週間が6日始まる。日本新聞協会は女優の小泉今日子さん(44)と、俳優で歌手としても活躍する福山雅治さん(41)の2人に新聞の楽しみ方や、かかわりについて聞いた。また協会は5日、読んで幸せな気分になった新聞記事について感想を募集した「HAPPY NEWS2009」の受賞者を発表した。

 ◇情報を確認できる魅力 福山雅治さん

 −−何か新聞にまつわる思い出はありますか?

 ◆実は僕、新聞少年だったんですよ。小学校高学年から中学生のころかな、母と兄と3人で毎朝5時から配達してたんです。長崎ですから坂が多いので、きつかったですよ。肩からこう新聞入れをたすき掛けにして、細い路地を走って配達してました。子供だから、朝暗いとお化けが出るんじゃないかって怖くてね。早起きのおじいさんとか、家の前で体操しながら新聞を待ってるんですよ。新聞を渡すと「遅かったのう」なんて言われて。長崎の地方紙ですけど、自分が配達した新聞の1面に自分が載るとは、想像すらしてませんでしたね。

 −−そのお母さまは今もお元気ですか?

 ◆はい、元気ですよ。時々新聞の切り抜きを送ってきます。僕が新聞に取り上げられるのは、母にとっては今でも「誉れ」なんですね。僕の記事ばかりじゃなく、坂本龍馬に関係した記事なんかも送ってきますよ。うれしいですね。

 −−新聞のすごいところは、どんなところだと思いますか?

 ◆新聞は即時性ではインターネットやテレビにはかなわない。それでも、歴史のあるメディアだからこそ、優れた人材や取材力を持っていると思うんです。「確認のための信頼できる媒体」というか、第一報はテレビやインターネットで知り、その翌日になって改めて新聞で正確な情報をまとめて読む、そんな役割を持っていると思います。メディアを代表して毎日、まとめのリポートを出してくれているのが新聞という感じかな。僕は写真も撮りますが、ビジュアル面でも大きな紙面に掲載された写真は力強いと思いますね。

 ◇読まずにいると不安に 小泉今日子さん

 −−「HAPPY NEWS」に賛同していると聞きました。

 ◆新聞を読んでいると、悲しいこと、つらいことばかりで、読んでいる人は嘆き癖がついてしまうんじゃないですか。私は新聞を読む時は、できれば楽しいニュース、ビックリしたり、へえーと思ったりする記事を探しています。

 −−新聞の記事には、HAPPY NEWSもあるのですが、気付いてもらうためのよい方法はありませんか。

 ◆例えば、HAPPY NEWSはどこの新聞も同じ色の、ピンクの枠で囲むようにしてはどうでしょうか。そうすると、まず、そこから読もうという人が出てくるかもしれない。ピンクが増えるとうれしいでしょうね。

 −−子供のころから新聞に親しんでいるのですか。

 ◆テレビ欄と4コマ漫画と、後は週末、映画を見に行こうと映画館の情報とか。子供が読んでもおもしろい記事があると、父親が勧めてくれました。

 −−現在は?

 ◆新聞を2紙取っていましたが、ちょっと前に引っ越し、ちょうど今は取っていないんです。それまでは、朝、新聞を持って仕事場に行く車の中や、待ち時間に読んでました。若い時には記事を切り取って、詞を作る時の参考にしたりしていました。演劇の評を読んで行くこともありますし、料理の献立を作ることもあります。

 −−新聞がなくても困りませんか。

 ◆新聞を読まずにいると、ふっと不安になるんです。今、世の中どうなっているんだっけ、何が起きているんだろうと。忙しくしていて、情報が入ってこないと、何も知らずにいる。それが怖くなる時がありますね。

 ◇愛知の35歳主婦 09年の大賞受賞

 「HAPPY NEWS2009」には、国内外から過去最多となる1万2025件の応募があり、2月12日中日新聞朝刊の記事「ヒッチハイクで春つかむ」を読んだ愛知県豊田市の主婦、長谷川知子さん(35)が「HAPPY NEWS大賞」に選ばれた。

 このほか▽広島市の中学1年(応募時は小6)、渋川奈々恵さん(12)▽津市の中学3年、黒田菜津美さん(14)▽東京都江東区の高校3年、大杉真由さん(17)−−ら小中高校各部門から計9人、一般の部で秋田県由利本荘市の主婦、大杉荘子さん(51)ら9人が「HAPPY NEWS」を受賞した。

 また、750件を超える最多応募となった専修大学付属高校(東京都杉並区)と、約140人の全生徒が応募した福井県勝山市立勝山北部中学校が「学校賞」を受賞した。

【関連ニュース】
武田鉄矢:金八、洪庵、勝…「“先生”生涯に悔いなし」も「もう1回龍馬に」 NHK「龍馬伝」
福山雅治:一緒に晩酌をしてみたい男性芸能人1位に 女性1位は宮崎あおい
龍馬伝:NHK大河ドラマをマンガ化 脚本の福田靖が原作
武田鉄矢:金八、洪庵、勝…「“先生”生涯に悔いなし」も「もう1回龍馬に」 NHK「龍馬伝」
福山雅治:一緒に晩酌をしてみたい男性芸能人1位に 女性1位は宮崎あおい

ホストクラブ1回700万、公正証書も書かせる(読売新聞)
街角景気「持ち直し」=基調判断を上方修正(時事通信)
<春の交通安全運動>6日から15日 飲酒運転根絶など重点(毎日新聞)
「嵐」が日本の“顔”に 観光立国ナビゲーターに就任(産経新聞)
鳩山首相、公務員改革法案「修正すればよい」(産経新聞)
[PR]
# by 3kwzf3rppy | 2010-04-12 14:27

10年度予算「あり得ない姿」=仙谷担当相(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は1日、朝日ニュースターの番組収録で、新規国債発行額が過去最大の44兆円に上った2010年度予算について「戦争末期の軍事費が膨れ上がった時ぐらいしかなかった。本来はあり得ない姿だ」と述べ、深刻に受け止めていることを強調した。
 仙谷氏は「小渕恵三首相の時の金融危機から悪い循環が始まった。リーマン・ショック以降の(景気低迷の)状況で、そういう傷、疲弊を受け継いだ予算にならざるを得なかった」と釈明する一方、「どなたが見ても『この国が続くんだろうか』と不安心理を醸し出すことは間違いない」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
新車販売4年ぶり増加=3.8%増、エコカー政策が奏功-09年度
生保3社、株含み益3倍に=市場持ち直しで-3月末
短期金利、ゼロ金利解除後最低に=日銀の潤沢な資金供給で
景気「悪い方向」、3年連続トップ=財政、外交にも懸念

生活への影響は? 神奈川県で公共施設の喫煙規制条例スタート(産経新聞)
肺炎球菌ワクチン「知らない」が過半数−万有製薬調査(医療介護CBニュース)
海砂違法採取、1億2千万円脱税か…佐賀の業者(読売新聞)
与謝野・平沼新党、8日にも結成…まず5議員で(読売新聞)
<松戸女子大生殺害>竪山被告を追起訴 一連の捜査を終結(毎日新聞)
[PR]
# by 3kwzf3rppy | 2010-04-07 02:38